電話占い利用術&活用術

電話占いの利用方法

電話で霊視?霊感、感じるの?

霊能者として、多くの人が知っているのは青森県の下北半島の恐山(おそれざん)のイタコでしょう。イタコの女性の何割かは、目や耳が不自由で、よって第六感である霊感が強くなったのではないかと言われています。そういう身体的なハンデがなくとも、霊視ができる人、あるいは霊感が強い人は世の中にいます。そういう人が電話占いサービスの電話占い師として、日夜活躍をしています。

電話占いでなく、リアルに会って占いをする場合、占い師はあなたの挙動から、あなたという人柄を読みとって占い結果を述べている場合もあります。いやらしく言ってしまえば「霊能者です」とか「霊感で占います」とか「霊視、やります」という看板を掲げていても、実は霊能者ではなく、霊感などちっとも感じず、ましてや霊視などできないという人もいるわけです。そういう人はむしろ心理学に長けているのでしょう。人は目の前で手ぶりなどで話をされている時、目の前をチラチラする手が親指を折りこんだ4本であった場合、占い師に「いま頭に思い浮かんだ数字は4ではないですか?」と言われたら「はい」と言ってしまうのです。4本の指が目の前をチラチラしているだけで。

電話占いの場合はそういうわけにはいきません。霊視はあくまでも霊視であり、霊感はあくまでも霊感です。電話を通してあなたの声以外のものはなにも見えない、わからない、聞こえないという状況のなかで霊能者は霊を感じて(霊感)霊を見(霊視)なくてはなりません。ズルがきかないのです。真の霊能者は電話占いサービスにいます。

電話占いの霊視・霊感的中率は?

電話占いで、長い電話占いサービスセンターは10年以上に渡ってサービスを行っています。「anan」のような有名な雑誌にもたくさんの情報が掲載されています。雑誌には広告を出せる基準というものがあります。適当な当たらない電話占いで、霊能者は極めて無能で霊感も霊視もさっぱりというところは、広告出稿企業として不可とされて、広告は出せません。

よって、現在広告を出していたり、多くの人が利用している電話占いは的中率が非常に高いと言えます。電話占いは霊能者と相談相手が声だけでつながるリスキーな占いです。それだけに、時にはあなたを励まし、時にはあなたを叱ってくれる良識のある霊能者でないと務まらないのです。霊視能力や霊感能力は、霊能者が生まれながらにして持っている能力でもあり、日々研鑽しないと霊視できない、霊感が出てこないという先生もいます。どのような霊能者であれ、霊能者である限り、自分の霊感・霊視能力を磨き続けているわけですから、おのずと的中率も上がるのでしょう。

波動を信じてみましょう

霊視とか霊感と言われてもちっともピンとこない人は「波動」というものを信じてみましょう。一番簡単な波動、それは和音です。ド・ミ・ソの和音は響きが美しく安定しています。ド・レ・ソという3つの音で和音をつくるとそれは不響和音となって耳に不快な音になります。人と人も互いに音を出しあっています。あなたと彼が、もしうまくいっているのであれば、互いの出す音がうまく調和しているのです。うまくいっていないのであれば、不響和音なのです。人が出す波動は、雰囲気でも出ますが、声が波動を出し、それを耳や肌で感じ取って私たちは判断しています。

つまり電話占いは電話というある種の頼りない機械を通して占うから不安ということではなく、電話占いこそがその人の波動を正確に霊能者に届け、一番当たる占いになるのです。声だけが霊能者が知るあなたの情報です。声をもとに電話占いで霊視をして霊能者に言われたこと、霊感で言い当てられたこと。それらはすべて真実なのです。

被災地の子供たちに笑顔を
クリックで救える命がある。
uranai99.net